2014年10月16日

エミレーツ航空の免税品

帰りの機内で、「Emirates Duty Free Collection(免税品)」を見せてもらいました。行きの飛行機ではカタログを開けることもなかったのに、訓練センターで話を聞き、興味を持ちました。エミレーツ航空の免税品は収益が高く、同社のために特別に作られたものも多くあって大人気だそうです。

訓練センターでは、免税品について学ぶ部屋があり、販売部隊であるキャビンクルーはそこで訓練されています。私が見たのはパフューム、香水──「どんなものが人気ですか?」と聞くと、「もしアラブの女性がつけているような香水がお好きであれば、カルティエやトム・フォードが人気ですよ。」とキャビンクルーの方。アバヤ(黒い外套)を来たアラブの女性に今、爆発的に売れているそうです。

3E735253-0BD1-4F3F-B0D7-A59A9D51FB37.jpg

機内では、香水以外の商品は現物確認できますが、香水はその香りが機内に充満することを防ぐため、テスターを置かないそうです。その代わりに、クルーが事前に試し、お客様に合った案内ができるように勉強していると、そう聞きました。エミレーツ航空の免税品は高い頻度で商品が入れ替わるそうですが、新しい香水が出た時には、出発前に確認できるようにディスプレイされていたり、試供品が配られたりします。

また、全ての便で必ず免税品担当がアサインされています。日本路線を飛ぶB777には、ファーストクラスとビジネスクラスそれぞれ1名ずつ。そしてクルーは免税品の勉強に余念ありません。だって販売したら10%のコミッションをもらえるんですから。それがきっといい動機づけになり、知識も豊富なはずです。色々知っているから、話を聞いてみるだけでも面白いかもしれませんよ。


posted by Amelia at 05:27| Comment(2) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 昨年の2月中旬、モロッコ旅行の際、エミレーツ航空でカサブランカから、ドーハ経由で関空への帰路の途中、機内の、座席の不都合(椅子の背もたれのロックが故障)でリクライニングが倒れた状態で座れなくなりました。運悪く、この日の便は満席であったため、応急で椅子を固定していただき、関空まで無事に帰国しました。長時間の飛行中、腰が痛くなり、快適なはずの思い出の旅行が少し疲労の旅となりました。しかし、この際、cabin attendantのチーフの方より、迷惑をかけたお詫びとして、バックを頂きました。おそらく エミレーツ航空 ファーストクラスグッズ でブルガリとコラボした男性用のアメニティキット(グレーの革製)だと 思いますが、2回ほど使用しただけなのに、チャックの縫い目が破けました。お詫びに頂いたものですので、仕方がないかもしれません が、飛行中、添乗員の方々の親切なお気持ち お気遣いを大事にしたい と思い、旅の思い出に、いつまでも大切に使わせてもらおうと思っておりますので、出来れば、修理又は、交換をお願い致します。
 ちなみに、搭乗した便は、EK-316便?だったと思います。
       2018.3.22
 お返事を戴ければ、現品をお送り致します。
〠569-0034
 大阪府高槻市大塚町1丁目13番11号
        吉 田  隆
           携帯 090-6730-5452
Mail address
    takashi-p.25-28@maia.eonet.ne.jp
   
  
  
 
Posted by 吉田隆 at 2018年03月22日 15:11
 本日、この記事へのコメントを送付した吉田ですが、送付先を誤って送付してしまいました。このコメントには、私の個人情報が書き込まれておりますので、削除をお願いしたいのですが、宜しくおねがい致します。 2018.3.22
Posted by 吉 田  隆 at 2018年03月22日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。