2014年10月14日

エミレーツ航空の客室乗務員

エミレーツ航空の客室乗務員になるには、まず30倍の壁を乗り越えなければなりません。昨年の採用実績は、12万人の応募者のうち面接へ進んだ7,500人の中から4,000人が採用されました。ドバイ行きの切符を手にしたのは、応募者のうちのたった5%です。

難関を突破して入社すると、まずエービエーション・カレッジでの訓練が待ち受けています。今回はその訓練センターを視察しました。Initial Trainingと呼ばれる初期訓練は約8週間でスケジュールされています。何よりも初めに行うのは、アラビア文化を学ぶこと。アラビックコーヒーとデーツ(ナツメヤシの実)でお客様をもてなすことは、エミレーツ航空の接客の基本です。

0B42CF51-784D-4113-A6B0-395F7D5F4868.jpg

それから、安全訓練、メディカル訓練と続き、セキュリティ訓練を経て、ようやくあの制服の袖に腕をとおすことができる──まさに感動の瞬間です。それまでは赤いポロシャツと黒のトラウザーで訓練をしているそうで、訓練センターを歩いていても、そのポロシャツ姿のフレッシュな訓練生と、制服をパリっと着こなしたベテランクルーの両方に遭遇しました。

制服が支給されると、訓練はいよいよ集大成です。サービスの訓練を行って初期訓練はようやく修了。エコノミークラスのクルーとしてデビューを果たし、約1年から1年半、そこで経験を積むそうです。訓練の卒業式では、制服を初めて着た時の感動を忘れないよう、ビデオや写真を流すそうですが、中には嬉しくて泣いてしまうクルーも。そんなドラマが起きている訓練センターで、私も夢を追いかけていた頃の気持ちを思い出しました。


posted by Amelia at 23:20| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。