2014年10月28日

カフェから心の旅を

赤レンガの壁に白の扉とテラス、それから濃紺と落ち着いたゴールドの文字の看板がセンスの良い外観。欧米の雰囲気を醸し出しているのはライブラリーカフェ自由が丘』です。自由が丘駅から歩いて5分ほどでしょうか。沿線の閑静な住宅街にひっそりと佇む新しいカフェに、お邪魔しました。

「ようこそ。」とドアを開けてくれたオーナーの高良さん──チャーミングな笑顔と店内へと差し込む光がとても綺麗で、窓枠からのぞく木の緑色が安らぎを与えてくれました。

Emirates Dubai Blogger Tour 1396.JPG

店内に足を踏み入れると、左手に重厚感のある本棚が目に留まりました。アメリカから遥々やってきたこの本棚には、色んなジャンルの本が並んでいます。私のお気に入り、小川糸さんの『食堂かたつむり』や、憧れの地・パリの本を見つけて、思わず嬉しくなりました。ジャンル別に並べた方がいいんじゃないかと言う声に私は反対。無造作に置かれた本の中から「これだ」という本を見つけた時の喜びは一入だと思うからです。

私が注文したのは、高良さんのおすすめのキャラメルカプチーノ。珈琲はブラック派の私は、甘い珈琲が少し苦手です。でも、予想に反して甘くない──自家製のキャラメルを使ったカプチーノは、ほろ苦い大人の味です。そこに、ブランデーが入った白い陶器がそっと差し出されました。「カプチーノに少したらすといいですよ。」という高良さんのアドバイスのままに数滴たらしてみると、キャラメルのかすかな甘さと、ブランデーの香り、珈琲の苦みがちょうどよく、口の中で交わりました。


posted by Amelia at 23:24| Comment(0) | Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。