2015年01月19日

東京から茨城空港へ

東京方面から茨城空港を利用するなら、注意が必要です。私は、羽田空港から電車で10分のところに住んでいます。それでも電車で30分かけて東京駅へ行き、さらにそこからバスで茨城空港に向かったのは、以前の記事「茨城空港からの旅」で報告したとおりです。

東京駅発・茨城空港行きのバスの始発は午前7時半、搭乗予定の福岡便は9時45分出発です。まぁ大丈夫だろうと軽い気持ちでいました。それが大変──バスが走りだして少し経つと、運転手さんの無線のやり取りが聞こえてきました。どうやら首都高が混んでいるそうなのです。「気合いで走っていきます」だって。大丈夫かなァ。航空券は安くないし、飛行機は待ってくれません。めちゃくちゃ不安でした。

CDC6936D-449A-43D4-9D84-06FE936AD335.jpg

もう無理だ──8時半を過ぎ、諦めかけていた頃、三郷ジャンクション辺りでやっと渋滞を抜けました。バスはそこから飛ばしましたが、9時20分を過ぎた頃、「福岡便利用の方、前まで来てください。お伝えしたいことがあります」というアナウンスがかかりました。嫌な予感は的中。もういくら頑張っても間に合わないというのです。運転手さんも薄情者、「遅延証明書を出しますから、ご自身でカウンターへ行ってください」と言われました。「もういい。私、自分でなんとかする」

結局、空港に到着したのは福岡便の出発時刻ちょうどでした。バスを降りてカウンターへ駆け込むと、「はい、大丈夫ですよ」と、係員がチケットを発券してくれました。え、何で? という気持ちが顔に出ていたのでしょうか。「出発準備で、30分ほど遅れる見込みです」と補足してくれました。な、なんだ、余計な心配いらなかったんだ──。

こんなことがあるのも、旅の面白さだと私は思っています。でも、そもそもバスの設定時刻がおかしいことに気づきました。バスの時刻表茨城空港の発着便を比べると、バス到着から飛行機出発までの時間は35分から2時間半までまちまちです。一体何を基準に時間が設定されているのかわかりません。今回、楽しみにしていた空港内の散策ができなかったのも、バスの中でずっとヒヤヒヤしていたのも、少しイヤな記憶です。茨城空港をまた利用したいなと思わせるためには、利便性の改善が大切だと思います。


posted by Amelia at 22:32| Comment(0) | その他国内の空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。