2015年02月12日

ただいま、羽田

羽田に帰ってきました。どこかへ旅に出ていて羽田空港に戻ってきたのではなく、マイホームとして──。いまから3年ほど前、大森から羽田エリアに引っ越しました。穴守稲荷神社の近くの、環八通り沿いのマンションの一室。ベランダから羽田空港の国際線ターミナルが望める、最高の住まいでした。でも、しばらくすると1Kの間取りでは手狭になり、大好きなお部屋を泣く泣く出て行ったことを覚えています。

住み始めたのは、羽田から少し離れた糀谷という町。家の周りには町工場が多く、住宅街ではあるものの静かで殺風景。隣近所の付き合いもなく、なかなか馴染めずにいました。羽田の町が恋しい──そんな思いがずっと頭の片隅にあったのかもしれません。1年半が経ち、ようやくここ、羽田の町に戻ってくることができました。

F4DC321F-6B8C-49A3-97D9-2C7D9516995D.jpg

家を出て数分歩くと、多摩川沿いのサイクリングロードにつきあたりました。奥には羽田空港ターミナルが一望できる絶景が広がります。そこには忙しそうに羽田空港を行ったり来たりする飛行機の姿と、エンジン音。私の大好物が待っていました。ふと周りを見渡すと、老若男女がマラソンをしていたり、おばあちゃんが日向ぼっこをしていたり、ノラ猫がすり寄ってきたり──思いがけず平和な風景と、古くから残る家屋がひしめき合った下町の雰囲気に、まるで田舎に戻ったかのようにホッとしました。

新居からの通勤初日。電車は空港寄りの遠い方の駅から乗ることに決めました。15分もかかるけれど、空港や飛行機を眺めながら歩く──それが私にとって至福の時間になりそうです。あ、お地蔵さん発見──「これから羽田でお世話になります。よろしくお願いします」と、忘れずに挨拶をしました。


posted by Amelia at 21:27| Comment(0) | 羽田のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。