2015年02月15日

もう一度食べたくなるティラミス

皆さんは、どんなバレンタインデーを過ごしましたか?  私は、甘ぁ〜い夜を楽しみました。飛びきり美味しいティラミスを食べて──。

羽田に引っ越して来た日のことでした。片づけに疲れ、休憩がてらに家の近くを散歩していると、キラリと光った太陽のマークが目に留まりました。太陽のスピナーとゴンドラの看板がついたお家。おっと、そのドアに貼られたチラシには、「もう一度食べたくなるティラミス」と書いています。うっかり見過ごすところでした。でも、なんだこれ。羽田の下町で偶然見つけたお店がとっても気になります。

C9AAA3FE-9F96-4C2C-B75E-07C13AD933A3.jpg

昨日、ようやくそのお店を訪れました。ドアを開けると、すぐ左手に作業場があり、ここでティラミスを作っているようす。「すみません。ティラミスを一つください」と言うと、男性が出てきました。あれ? お店の名前は確か『Miyako』だったはず。てっきり女性がやっているのかと思っていました。店名の由来を聞くと、「ずっとこの土地で『ミヤコ』という店をしているんですよ。祖母がパン屋、叔父が呉服屋をやっていました。私の店は、そのミヤコと、イタリア・ヴェネツィアの水の"都"を掛けているんです」と、教えてくれました。

羽田の町をずっと見守ってきたお店。ここで、3代目の店長の鈴木さんは、イタリアでの修行時代に、ローマ、ナポリ、ピサ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノなどを巡って食べ歩き、研究を重ね、"本場の美味しい"をかき集めて完成させたティラミスを販売しています。ひと口食べると、マスカルポーネチーズと生クリーム、エスプレッソの絶妙な風味が口の中に広がりました。それぞれの味わいがギュッと詰まっていて濃厚、でも甘さ控え目でスッキリした後味に、幸せ──イタリアの各地から集めた味を一口ひと口かみしめながら、まだ訪れたことのない地に思いを馳せました。


posted by Amelia at 20:36| Comment(2) | 羽田のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽田に住んで3年になりますが、全然このお店の存在を知りませんでした!!!今度是非行ってみます☆情報有難うございます!
Posted by あんころもちぞうに at 2015年02月15日 22:16
あんころもちぞうにさん
いつもありがとうございます!
この1月にオープンしたばかりだそうですよ。私も偶然見つけました。今度ぜひ行ってみてください。
Posted by Amelia Cafe at 2015年02月17日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。