2015年03月09日

航空インテリア

自宅のリビングのインテリアがまた1つ(2つ、3つ?)増えました。以前に書いたBlog記事「航空ジャンク市」「ミールコンテナ」でも紹介していますが、毎年3月と9月上旬の週末に開催される「航空ジャンク市」に行くことが私の恒例行事。今回そこで獲得した品を仲間入りさせせました。

航空マニアが毎回こぞって狙うのはモデルプレーンのようですが、私が一直線に向かう先は、機内や空港で使われていた部品や飾り物の数々です。それがかつて空を飛び回っていたり、空港で世界から訪れた旅人を見守っていたんだと思うと、ロマンが広がるばかり──。このイベント、「航空ジャンク市」といいますが、なぜこれを「ジャンク」と呼ぶのか、未だに理解ができません。人によっては、ジャンクから宝物にさえ変わるのですから──。

F2E54A39-8AD7-4160-ADA7-4CF4E8664FC3.jpg

今回、私が買ったものは、空港の行先表示板のパタパタです。ネジを回してめくってみると、数字とアルファベットで構成され、「これは使える」とひらめきました。リビングに月替わりで飾っているモデルプレーンの横に置き、そのエアラインの2レターコードに合わせようと思ってワクワクしながら帰路につきました。今、リビングに飾っているのは、ANAのボーイング787-9──そうするとコードは「NH」になりますね。

あれ──。パタパタをめくっていくと、アルファベットはD以降が空白でした。は、はめられた! 数字とAからDまでの4文字の組み合わせでできるのは、主要なエアラインだと、6社くらいでしょうか。AA(アメリカン航空)、AC(エア・カナダ)、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)、BC(スカイマーク)、CA(中国国際航空)、それからD7(エアアジアX)。すっかり意気消沈しながらも、再生への応援の意味も込めて、スカイマークの模型を飾り、パタパタを「BC」にセットしました。


posted by Amelia at 21:00| Comment(0) | ヒコーキ・旅イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。