2015年05月17日

羽田のぼさ天

京急線・穴守稲荷駅から歩いて5分ほどのところに、「ぼさ天」の美味しいお店があります。羽田空港から目と鼻の先のこの界隈は、古くからの漁師町。羽田の漁師さんが羽田沖で捕ったばかりの新鮮なぼさで作られた天ぷらです。「そもそも『ぼさ』って何?」と思う人が半数以上でしょうか。私もつい最近まで知りませんでした。

それもそのはず──「ぼさ」とは小さな川エビのことで、多摩川河口にしか生息していないのだとか。それをカラっと揚げたものが、創業42年の『食通  ゆたか』の名物・ぼさ天です。ぼさ海老は市場に出まわらないそうで、ここは、そのぼさ海老が食べられる数少ないお店の一つです。

E4C128A5-2805-4908-9624-7C40977A97DB.jpg

ぼさ天は、海老のほか、玉ねぎや三つ葉がたっぷり入ったかき揚げでした。中までこんがり揚げられ、その食感はふわふわではなく、サクサク。かき揚げというよりも、おせんべいに近いかもしれません。「できればフライト前じゃなくて、羽田に着いた後に来てもらいたいのよ」と、お店のおばちゃんは言います。ぼさ天を揚げる時は、そのサイズの大きさに、ほかの天ぷら作りが中断してしまうのだとか。1回揚げるのに15分かかると言うから、やっぱり時間には余裕があったほうがいいかもしれません。

それからもう一つ、忘れてはいけないのが「穴子天重」です。重箱からはみ出すほどの穴子が1本半乗った丼ぶりは、食べ応え満点。脂がのった身厚の白身と、香ばしく揚がった衣の絶妙な食感と旨味に舌鼓を打ちました。ペコペコだったおなかも、一気にパンパン。さて、これからは冷たいビールの美味しい季節が本格的にやってきます。羽田まできたら、ぼさ天や穴子天と一緒に一杯いかがですか?


posted by Amelia at 23:22| Comment(2) | 羽田のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めちゃ美味しそう!是非行ってみたいと思います(≧∇≦)
Posted by mikan at 2015年05月18日 10:40
mikanさん
めちゃ美味しいです! ぜひ行ってみてください♪( ´▽`)
Posted by Amelia Cafe at 2015年05月18日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。