2015年06月14日

中国国際航空『ビジネスクラスランチ&トークイベント』

中国系エアラインを利用することは、きっとこれから先もないんだろうなぁ──そう思っていました。この土曜日に、中国国際航空(以下、エアチャイナ)の『ビジネスクラスランチ&トークイベント』に参加する機会に恵まれ、羽田空港の第1旅客ターミナル6Fギャラクシーホールへ足を運びました。実は、食事にもサービスにもそれほど期待なし。だってあまりいい話を聞かないし。でも、それは私の勝手なイメージで、ただ知らなかっただけ、だったのかもしれません。

エアチャイナは北京を拠点とする航空会社で、前身である中国民用航空局(中国民航)が民営化し、1987年に設立されました。現在は中国の9都市から日本の8都市へ路線を展開。今年の7月3日には、さらに北京ー函館線が就航する予定です。就航路線はアジア諸国だけでなく、アフリカにも年内を目処に就航する予定で、これにより5大陸すべてを網羅するネットワークへと拡大します。

thumb_IMG_6158_1024.jpg

プログラムの内容は、日本線で提供されるビジネスクラスの食事をとりながら、社員の話を聞くことでした。まずはエアチャイナが第一に重要とする『安全運航』、それから『サービス』について。使用する機材は、6年のサイクルでかえています。これは安全にこだわっている証拠で、乗客の命をあずかる交通機関として当然のことですが、少し安心しました。また、フェニックスの形のロゴマークは、頭部がアルファベットの「V」、体部が「I(アイ)」、それから尾っぽが「P」と、「VIP」の文字を表しています。すべてのお客さまを最重要顧客として接する──という理念を掲げることも、同社のイメージを変えるのに十分でした。

食事は牛フィレ肉のステーキを選びました。添えられたシャスールソースは、エシャロットとマッシュルームを赤ワインで煮詰め、フォン・ド・ヴォー(だし汁)を加えたもの。ミディアムレアにグリルされた肉と相性抜群で、さらに機内でも提供されるという「長城」ワインの赤と一緒に楽しみました。デザートに出てきた『パリブレスト』は、パリとブレスト間の自転車レースの開催を記念し、自転車好きのパティシエにより考案されたもの。車輪の形をしたシュー生地にたっぷり詰まった抹茶のクリームが、日本人好みの味わいです。

印象に残ったのは、旅客課の井上さんに伺った、中国人客ならではのエピソードでした。「爆買い」という言葉がありますが、それは止まることを知りません。日本で買った商品は、通常スーツケースや箱に入れるなどしてチェックインカウンターで預けますよね。では、免税店で購入した商品は? 皆が両手いっぱいに荷物を提げて搭乗しても、限りある機内のスペースにはすべて収納できないこともあるのだそう。特に炊飯器は規定サイズを超えるものもあると聞き、他人事ではありませんが、思わず吹き出しました。エアチャイナで行く旅、なかなか面白いかもしれません。


posted by Amelia at 22:02| Comment(0) | 外資系エアライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。