2015年06月24日

思い出のRoadRunner

ふと、アメリカにいた頃のことを思い出しました。通勤中にたまたま見かけた、側面に「Roadrunner」と書かれたトラックがきっかけで。とっても私的な話ですが、同じカンザスの大学に行っていた留学生でこの名前にピンとこない人はいないといっても過言ではありません。誰もが、少なくとも一度はお世話になりました。

私が住んでいた、カンザス州のマンハッタンという町は、「カンザスシティ国際空港(KCI)」という1番便利な最寄り空港から車で数時間の、とても辺鄙なところに位置しています。カンザス州は国土のちょうど中心部で「アメリカのへそ」と言われ、マンハッタンはさらに州のど真ん中。日本からは、シカゴやダラス、ミネアポリスなどの主要空港を経由してKCIまで飛行機で約17〜18時間、そこからさらにロードトリップと、1日がかりの旅をしていました。

18730242-CD36-45D1-83E7-1C70EBD4D9C2.jpg

KCIとマンハッタン間は、「KCI RoadRunner」という乗り合いバンで移動していました。車内は、体格のいい大人10人がぎゅうぎゅう詰めになり、私の大っきなスーツケースは、車の後ろにくっついた荷台に放り投げられました。このRoadRunnerが厄介もので、大幅遅延が当たり前。時に我慢できずに電話で文句を言ったことも少なくありません。日本のように、必ず定刻で迎えが来ると思ったら大間違い。一時帰国する時には、RoadRunnerの迎えなしに、いささか喜ぶことはできませんでした。やっとの思いで1セメスターを終え、吹雪のなか待ちぼうけをくらった時には、もう二度と乗ってやるかと憎んだこともあったような。

こんな苦い過去も、今ではほほ笑ましい思い出です。マンハッタンからは、いくつかの地点を経由してお客さんをピックアップして走るため、空港までは3時間半の道のり。ただ平坦で真っすぐ続く道の両サイドには数え切れないほどの牛が放牧され、180度広がる空と平原の代わり映えしない景色が、今は懐かしいとさえ思います。あの頃は、マンハッタンが第2のふるさとでした。またいつか、RoadRunnerに乗って友達に会いに行きたいなァ──としばし思い出にふけっています。


posted by Amelia at 21:52| Comment(0) | アメリカ留学時代のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。