2015年07月14日

パンコンシェルジュ

神戸・北野にあるパン屋さんを訪れました。神戸で2大人気を誇るお店だと、神戸観光特使の永田さち子さんに連れてきていただいたのは「Ca Marche(サ・マーシュ)」です。三宮駅を北の方向に向かって進み、中山手通りの1本向こう側のパールストリート沿い、ムスリムモスクのすぐそばにありました。

このパン屋、少し変──と言うのも、自分でパンを取ることができません。パンと自分の間を仕切るバーの向こう側に立つのはパンコンシェルジュの店員さん。お客さんに好みを聞き、それぞれに合ったパンを選りすぐります。「シンプルなパンを」とリクエストすると、「リュスティックカンパーニュ」をすすめられました。ライ麦粉と全粒粉を使い、天然酵母で発酵した少し酸味のある丸っこいフランスパン。1つは、迷わずこれに決めました。

thumb_IMG_6345_1024.jpg

ご覧のパンシェルジュのお姉さんのおすすめは、「ミルティーユラバンド」。私好みのムッチリとした食感に、ふんだんに生地に練りこまれたブルーベリーのフルーティーな味わい、ペロっと食べられる小ぶりなサイズに、私のハートはがっちり鷲掴み。ラベンダーを意味するラバンドという名前のとおり、口に入れるとほんのりとお花の香りがして、おやつ時に紅茶と一緒に食べたいパンかもしれません。

それから北野マダムの人気は、「グレープフルーツと紅茶の紫陽花パン」。果物の苦味に、紅茶の香りが鼻先をかすめ、洗練された神戸の街にぴったり。こんな変わり種がぎゅうぎゅうに並ぶ棚を見ていると、こんな会話が聞こえてきました。「このパンもどうですか?」というコンシェルジュに、「今日はいいわ」とマダム。ひと言「明日もまた来るから」と付け加えて──。いいなぁ、北野マダム。私も「また来週も来るから大丈夫」なんて言ってみたいと、ついつい思ってしまいました。


posted by Amelia at 21:41| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。