2015年08月10日

モアルボアルの白いビーチ

綺麗な海をただ一目見たくて、モアルボアル行きのバスに乗り込みました。山道に揺られること約3時間。ジャングルの向こう側に見えてきたのが、セブ島の東側の大海原です。

小さなショッピンクセンターの前で降りると、広場に並んだトライシクルのドライバーのひとりがすぐに声をかけてきました。「どこまで行くの?」日に焼けた肌に黄緑色のTシャツとハーフパンツ、笑うと見える白い歯が1本かけているのが印象的な兄ちゃんでした。田舎町へ行くと、乗り物はジープニーよりもトライシクルが主流です。行き先は「ホワイトビーチ」。運賃はドライバーとの直接交渉で相場がわからず、しまった──と思いながらも、片道100ペソ(約270円)なので、OKしました。

thumb_IMG_6662_1024.jpg

トライシクルは町を抜け、横道を入っていきました。前の小窓から見える景色は、まさにジャングル。舗装されてないデコボコの道の中を、砂ぼこりをたてながら一生懸命に進みます。許容オーバーなんじゃないかと、ずっと心配がおさまりませんでした。だって、エンジンはプスプスと音を立てているし、そもそも1人乗りのミニバイクのような乗り物が、大人が3人ほど乗れる台車を引っ張っているんですから──。

30分ほど走ってようやくたどり着いたホワイトビーチは、名前のとおり真っ白な砂に、エメラルドグリーンの海が爽やかでした。まるでプライベートビーチかのように、泳いでいたのは若い2人だけ。「あ〜失敗したな」そう後悔したのは、水着を持ってこなかったことでした。バックパック1つで来たこの旅、水着はやっぱりいいやと出発間際に取り出して家に置いてきたのです。あ〜残念。でも、また来ようと思います。次にいつか訪れた時にも、ずっとこのまま変わらないでいてほしい──そう願っています。


posted by Amelia at 21:32| Comment(0) | 海外の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。