2015年09月01日

ひょうたん島クルーズ

忙しくて、体調を崩して、寂しくなってしまった時には、地元の話をしてもいいですか? 皆さんが徳島を訪れることは、一生に一度あるかないかのことかもしれません。もし何かの縁で来徳することがあれば、「ひょうたん島クルーズ」がオススメです。たったの200円と30分で徳島を感じる、1番の近道だからです。

ボートには、徳島駅から歩いて10分ほどのところにある水際公園の両国橋北詰から乗船。季節によって運航スケジュールは異なりますが、1年を通して体験可能です。徳島駅や徳島城跡のある中心街はひょうたんの形をした中洲になっていて、川で囲まれたこの島を周遊するのが、このひょうたん島クルーズです。

thumb_IMG_7342_1024.jpg

このクルーズ、何が面白いかって、たくさんの橋をくぐりながら進むんです。両国橋、富田橋、かちどき橋──。潮が満ちている時には橋桁のスレスレのところを、スピードを緩めることなく突っ切ります。「え、ウソやろ〜! 頭気をつけてな〜くらい言わへんの?」思わず心の声が外に漏れてしまったみたい──船長さんは私の叫びが聞こえたのか、こっちを向いてニカっと笑っていました。

あ、見えてきた見えてきた。徳島のレインボーブリッジ! 写真の奥に見えるのは「末広大橋」で、ここでUターンしてもと来たコースを戻りました。徳島県庁前のヨットの停泊地であるケンチョピアに、徳島の風景になくてはならない眉山。目の前にどっしりとかまえるその姿に、懐かしさと安心感が胸に染みこみました。高校を卒業してからこの街を出ましたが、帰省する度に新たな魅力を感じるのは、地元びいきでもなんでもありません。きっと。


posted by Amelia at 23:49| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。