2016年03月25日

さりげないひと言が、心に残るフライトに。

「この機体は、今日どこから飛んできたのですか?」
離陸したあとの頃合いを見計らって、客室乗務員に聞いてみました。中部国際空港(セントレア)から羽田に戻るJL208便の機内でのことです。前回のBlogに書いたとおり、羽田空港とセントレアを結ぶ4便のうちの2便が、国際線仕様のボーイング737-800で運航されています。その機材サイズから、アジア諸国であろうことはわかるものの、どの路線なのか気になっていたのです。

「本日は台北から戻ってきた機体を使用しております。ここのところは、台北か天津に行って帰ってきた機材を使うことが多いみたいですよ」と、私のシートの横に腰をかがめ、目線を下げてお話してくれました。国際線は、何度経験してもどこか特別です。今回は国内の旅でしたが、「この飛行機は海の向こう側から飛んできたんだ! 」と思うだけで、心が躍るような気がしました。

8CB503A5-B8CE-4B15-86A6-9598DAE03ABA.jpg
〔セントレアの国内線出発ゲートフロア〕

さて、この便の到着から出発までは、普段よりも幾分か客室乗務員がバタバタしているように感じました。それもそのはず──国際線仕様のB737型機が国内線を運航するときは、国内線の機材よりも1名少ない3名の客室乗務員で対応しているのです。座席数が144席と21席少ないものの、乗客数が変わっても出発準備にかかる業務が減るわけではありません。手際よく準備を終え、定刻より少し早く出発したことには感心しました。

「ちなみに国際線の場合、この機材では5名が乗務しております」私の頭の中まで読み取ってくれたのか、質問していないことまで教えてくれました。日本航空の客室乗務員は、乗客の琴線に触れるプロだと感じます。さりげないサービスに気づくと、誰しも嬉しく感じるのではないでしょうか。私は降機の際に掛けてもらったひと言が心に響き、笑顔で帰路につきました。

「ご搭乗ありがとうございました。"宮下様"、お気をつけておかえりくださいませ」


posted by Amelia at 23:58| Comment(0) | 日系エアライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。