2016年04月09日

豚に招かれて

なにかに招かれている──最近そう思うことが増えました。桜の時期にはまだ少し早い3月に鹿児島を訪れたときもそうでした。お昼まえに市街地に着き、まずはランチを取ろうと向かったのは鹿児島一の繁華街「天文館」。鹿児島中央駅から市電に乗って4駅目、天文館通電停で下車します。

電停を降りてすぐのアーケードをぶらぶらしながらお店を探索。少し歩いたところで見つけたのは黒福多(くろぶた)」というお店でした。幸多そうな名前が気になって暖簾をくぐり、「豚カツヒレカツ定食(税抜1650円)」を注文。鹿児島県産のさつま芋で造られた「あらわざ桜島」をロックで呑みながら、口の中でとろけるように柔らかくて脂がのった"かごしま黒豚"に舌鼓を打ちました。

5F48CDDB-F8A5-4658-9B32-E6BE800D428E.jpg

一口ひとくち味わう一心で食べていると、ふと視線を感じました。ハッと顔を上げて見回すと、カウンター席の奥の棚に見つけた──招き猫ならぬ、招き豚! もしかしたら、私はこの豚に引き寄せられてここに来たのかもしれません。カウンターに座って一人で食べる定食も、お昼から飲むロックの焼酎も、店員さんの鹿児島弁もなんだか心地よくて、鹿児島もこのお店も初めてではないように感じました(一人なのに寂しくなくて、その土地に溶け込んでいるような感覚)。

念のため、置き物の正体を確認。「もしかしてこれ、招き、ぶた、ですか?」そう聞く私に、「そうなんですよ、可愛いでしょ」とお兄さん。お会計を済ませて外に出ると、「お写真撮りましょか?  この招き豚と一緒に」と、店の前の豚と一緒にパシャりと1枚、撮ってもらいました。腕があがっているけど、招くというよりも、「エイ・エイ・オー」と応援されているようにも感じます。なんだか知らないけど、ま、いっか、旅の思い出に──。



posted by Amelia at 21:45| Comment(0) | 国内の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。