2016年05月01日

ルイ・ヴィトンの旅スタイル

4月23日から6月19日まで、東京の麹町で「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展」が開催されています。「旅」がひとつのテーマになっているこのエキシビションにはどうしても行きたくて、ゴールデン・ウィークの開始とともに訪れました。入場無料というのも嬉しいけれど、それゆえに休日は混雑するので事前のオンライン予約がお勧めです。

ルイ・ヴィトンと聞いて思い浮かべるのは、大学生のころに母からよく借りていたポシェットやバケット型の手持ちのバッグ。「旅」との共通点なんてどこにあるのだろうと思っていたら、現代のラゲージ(スーツケース)の前身がルイ・ヴィトンが創ったトランクだったのです。齢はまだ14歳のころに故郷のスイス・ジュラ地方を離れ、2年間歩いて旅をした先は仏国・パリ。そこで日常用品や衣装を荷造りする木箱職人の見習いとして仕事をはじめます。この経験をもとに船や鉄道、飛行機など、旅の手段に合わせたトランクが生み出されました。

4A744C54-FA4A-46F5-AAAF-AEC4C767F243.jpg

ルイ・ヴィトンのトランクの用途は旅に限らず、お客さんを家に迎えるときに花を入れて飾るトランクや、書籍やライティング道具を入れたものなど実にさまざまです。ワードローブ用、帽子用、書籍用と、それぞれにこだわりのあるトランクの使い方が当時の持ち主のセンスをうかがわせ、憧れを抱きながらも少し反省しました。だって、私のようにスーツケースに何でもかんでも物をポンポン入れ、旅先からはすき間というすき間にお土産をぎゅうぎゅうに詰め込むような使い方ってまったく品がない──。

でも、私も当時と同じような使い方をしているものがありました。上の写真の中央に写る小さな取っ手のついた鞄は、20世紀はじめに作られた「スティーマーバッグ」で当時の旅のサブバッグとして使われました。「着用済みの衣類(洗濯物)をトランクに一緒に入れてもいいのか」という疑問から生み出されたもので、折りたたんでトランクの底に収納していたのだとか。私も旅するときには折りたたみのバッグをスーツケースに忍ばせていますが、そんな旅スタイルが当時から受け継がれてきたのかと思うと、その最先端をいくルイ・ヴィトンの旅って素敵だったんだろうなぁと思いを巡らせています。


posted by Amelia at 22:02| Comment(0) | 旅の出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。