2016年05月12日

30歳になった日のこと

今日は訳あって、初めてタクシー出勤をしました。誕生日だから自分へのご褒美に、とかそういうのでは全くなく、ただ時間がなかったことが理由。朝6時すぎに起きて庭の植物たちに水をやり、おにぎりとグレープフルーツを頬張ってからシャワーを浴びて、ピカーンと晴れた空のもと、2回分の洗濯物を気分ルンルンと干していたら、いつの間にか家を出る時間を過ぎてしまっていたのです。そんな訳で、家の近くのバス通りでタクシーを拾いました。

20代から30代になり、本当の意味で大人の世界に仲間入りできた気がして嬉しかったのに、年をひとつとっただけで現実も自分も何にも変わらない──それどころか、20代の頃の”抜け”の多い私をそのまま引き継いでしまったことに気づいて朝から肩をおとしました。でも、今日はそんなことすらどうでもよくなるくらいの快晴。

2F154E3D-01F8-4B49-92A8-DC3DEFF435C3.jpg


1日を通して、セルリアンブルーの空が続きました。「快晴」というのは、雲の量が空全体の1割以下のことを言いますが、今日は雲ひとつない青空。過去の快晴の日のデータを平均すると、5月は1.9日、1年を通しても40日程度なのだとか。三十路を迎えた日にそんな空模様が見られて何かいいことありそう──とジンクスのようなことを頭に描いてしまう癖も相変わらず健在です。

さて、今日はたくさんの方々からメッセージやプレゼントをいただきました。ありがとうございます。この30年間、大きな病にかかることなく元気で楽しく生きていられるのは、両親や家族、周りの人たちのおかげだと感謝の念を抱いています。

「もうあれから30年かぁ、信じられないね」

今朝、電話ごしに聞いた両親の声に、私が徳島で産声をあげた30年前の今日はどんな天気で、どんな1日だったんだろう──そんなことを想像しました。将来いつか、今度は今日のこの日を思い出してフフっと笑えるように、30歳になった今日のいろいろをノートに書き留めました。慌ててタクシーに飛び乗ったことも、今晩出発するクアラルンプールへの旅の記録も添えて。


posted by Amelia at 17:48| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。