2016年10月15日

海辺に佇むカフェ

うのしまヴィラ」っていう名前、なんだか可愛い。旅先として、これまで茨城を選んだことがなかったけれど、実は女子が好きそうな可愛い場所がたくさんあることを知った。そのうちのひとつとも言えるうのしまヴィラは、すぐそばに太平洋を望める宿。木のぬくもりが感じられる造りの建物で、今回はここのカフェダイニング「CAFE&DINING海音(シーネ)」でランチをした。

7C371CDF-DBA2-4233-9317-815B04D83110.jpg

入り口のすぐ左手にはソファ・テーブルがあり、その奥にはテーブル席が並ぶ。庭に面したガラス窓からは潮風がふわりと舞い込み、窓越しに太田尻海岸が見渡せる絶好のロケーションだ。ランチメニューは、和風あんかけオムライスにトロ豚と彩り野菜のカレー、発酵豚の味噌カツ丼に本日の季節のパスタなど。これにミニサイズの発酵スムージーやサラダ、それからスープがついて1,080円。

わたしが選んだカレーには、肉厚の焼き豚や茨城が育んだ色鮮やかな野菜たちが乗っていた。ルーは少し酸味があって、あとでピリっとくる辛さはいい具合に体を刺激する。そうそう、これにデザートセット(ドリンク付540円)をプラスするのを忘れてはいけない。お店のオリジナルレシピで作られるデザートは、今回ほうじ茶プリンとシフォンケーキだった。

このプリンが、オーナーシェフも自ら絶賛するほどの美味しさなのだ。お店の人が自信を持って提供してくれるものは好き。そこにはこだわりや愛の詰まった美味しさがある。今度はここに泊まってゆっくりしたいなぁ。東京からなら、ちょっとそこまでっていう気分で気軽に週末旅ができそうだ。また行きたい。大切な人に教えたい──そう思えた、今回の旅の1番のお気に入り。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。