2015年12月21日

旅は便利<不便

先日ANAを利用して帰省した際に、はじめて「ANA BAGGAGE DROP」を使ってみました。これはANAの新しいサービスで、2015年7月1日から順次導入されている自動手荷物預け機です。羽田空港の国内線第2旅客ターミナルに39台が設置され、現在半数程度の乗客が利用していると聞きました。

カウンターに並ぶことなく荷物が預けられるのは、とっても便利。方法も簡単で、預ける手荷物を下の写真のように専用機に置き、マイレージクラブカードや搭乗券の2次元バーコードなどを機械にかざすと、手荷物タグが発行されます。これを手荷物につけると自動的にドアが閉まり、手荷物引換証を受け取って完了。まるでセルフレジのような感覚でした。

CD612A1D-340D-407B-A8EC-92089C2AD2A5.jpg

BAGGAGE DROPを利用することで、待ち時間やストレスが軽減されます。実際に使ってみても、待つことなく、ほんの数分で手続きを終えることができました。時間にシビアなビジネスマンには、これに「スキップサービス」の組み合わせが最強。当日までに搭乗便の予約・購入・座席指定まで済ませておくと、保安検査場へ直行することができるのです。空港ですることは、カードやスマホの専用アプリなどを保安検査場と搭乗ゲートの機械にピッとかざすだけ──本当に便利な時代になりました。

でも、以前のように長蛇の列に並んで、順番がきたらカウンターで搭乗券を発行してもらって、手荷物を預けるというような、従来のチェックインの方が私は惹かれます。旅客システムがない時代には、チェックインもマニュアルで、座席の指定は配置チャートにシールを貼って管理していたと聞いて、当時はなんて楽しい時代だったんだろうとワクワクしました。何でも自動でできるようになった今は、エアラインの係員との会話も少なくなってしまい、なんだか寂しい気がします。旅の楽しさって、人との会話にあると私は思うのです。


posted by Amelia at 22:50| Comment(0) | 日系エアライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

#onedayoffline

「iPhoneは放ったらかしで、旅を思いっきり楽しむ」──これが私の理想です。それを叶えてくれたのは、キャセイパシフィック航空でした。同社は今月1日、「#onedayoffline」というキャンペーンを開始。名前の通り、ある1日をFacebookなどのSNSを見ることなく、オフラインで過ごすという提案です。

どのように過ごすのかは、あなた次第。"I'm going to" に続く文を自分で付け加えます。サイトに紹介されている例には、I'm going to stroll, not scroll. ((画面を)スクロールするんじゃなくて、ストロール(ブラブラお散歩)します)や、I'm going to wake up to the sound of the sea. (海の音で目を覚まします)などがありました。

DEEA4C58-E2C6-476A-9B3E-BC37974FD894.jpg

ちょうど旅に出る予定があったので、私もテーマを決めました。それは、I'm going to say "No iPhone, Yes Travel"(iPhoneがなくたって、旅は楽しめるんだ!)です。そして、先日訪れたフィリピンの旅では、iPhoneを部屋に残し、ビーチへ飛び出しました。メールが来ていることも確認しない、Facebookのタイムラインで友達が何をしているかもチェックしない、自分の近況も報告しない──何もかも気にせずに1日中の〜んびり。反対に、iPhoneで簡単に検索できる地図や現地の言葉などは、周りの人たちに聞いて調べました。コミュニケーションの相手がiPhoneから人になるだけで旅がどれほど楽しくなるか、計り知れません。

でも、そんな時間を体験してiPhoneを手に取った時、やはりFacebookやTwitterをチェックしてしてしまいました。同社の調査データによると、一般的な大人の1日の平均オンライン時間は6時間なのだそう。きっと私も例外ではありません。iPhoneはプライベートな連絡手段だけでなく、仕事のやり取りや情報収集のツールとしても必要不可欠。でも、これから使うのは本当に必要な時だけにしようと思います。その方がきっと、色んな発見に出会える旅になるから──。
posted by Amelia at 19:02| Comment(0) | 日系エアライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

スカイマークでゆく『神戸&姫路ツアー』

仕事を終え、急ぎ足で羽田空港へ。神戸行きの飛行機に飛び乗りました。もう間もなく出発です。なぜかって?  スカイマークでゆく『神戸&姫路ツアー』に飛び入り参加することになったからです。

今日から1泊2日の行程で、上述のツアーがスタート。参加されているのは、航空ジャーナリスト/作家の秋本俊二さんに、ダイヤモンドビッグ社『地球の歩き方』編集長の鈴木達也さん、それからトラベルライターの永田さち子さんと芹澤和美さんの4名。

F9BD192A-53F2-4CA1-BFAC-9CB933361ED8.jpg

今民事再生で奮闘中のスカイマークを応援しようと、有志でツアーを計画され、「これから9時5分発のBC103で神戸へ向けて出発します」と、早速秋本さんのブログ『雲の上の書斎から』で報告がありました。他の参加者の皆さんも、それぞれご自身のFacebookなどでリアルタイムに記事を更新され、本当に楽しそう!

現地では、NHK神戸放送局の和田光太郎アナウンサーも合流されるとのこと。和田さんには、2013年の『ヒコーキ・ラジオ NHK001便』で私もお世話になりました。今回秋本さんにお声がけいただき、途中から私も参戦させていただくことに。スカイマークを応援するからには、もちろん今日も同社便で──と予約しようとしたら、最終便はすでに満席!  もっともっとスカイマークが元気になるよう、私も引き続き応援します。
posted by Amelia at 19:44| Comment(0) | 日系エアライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。