2016年01月17日

羽田空港が世界一清潔な空港である理由

今日の「Yahoo!ニュース」にも記事が掲載されているようですが、羽田空港の清掃人である新津春子さんの仕事の流儀に感銘を受けています。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で2015年6月に放送されて話題を集め、私は同年12月末に発売された新津さん著書の『世界一清潔な空港の清掃人』を読みました。"世界一清潔な空港"というのは羽田空港のことで、世界の空港や航空会社の格付けを行う英国のSKYTRAX社により、2013年から2年連続で「世界で最も清潔な空港」に選ばれています(2015年は仁川国際空港に次ぎ第2位)。

新津春子さんは、24歳の頃に羽田空港で清掃の仕事をはじめました。コツコツと積みあげてきた技術が功を奏し、27歳のときに最年少で全国ビルクリーニング技能競技会全国一位を獲得。現在は第1、第2、国際線旅客ターミナルの清掃の実技指導をしています。世界一清潔な空港の指導者ですから、その技術は世界一と言っても過言ではないでしょう。私が好きなエピソードは、羽田空港を運営する日本空港ビルデングの社長賞受賞時に、その副賞の30万円をすべて使って買ったお菓子を関係者全員に配ったこと。「全員で力を合わせて達成したことだから分かち合いたかった」、「空港のお店で何か買えば還元できると思った」というコメントには、新津さんの仕事に掛ける優しさと誠実さを感じました。

FC0CCC64-4257-4CEB-86AE-48A1B0058210.jpg

「私は、空港に一歩入ったら、自分の家だと思って仕事をします」と新津さんは言います。自分の家の来客にするように、空港を訪れる人たちが何か困っていないか、何か聞こうとしていないか、ひとりひとりのお客様を見ているのだそうです。目をむける範囲は清掃するエリアだけでなく、お客様も同じで、何か困っていたら手を差し伸べているのです。新津さんは清掃をする対象や、実際にそれを使う人まで思いやる気持ちで心を込めて仕事をしていると言い、この流儀はどの仕事にも当てはまるのではないかと、ずしりと心に響きました。

羽田空港のターミナルは本当にきれいです。でも、意識して見なければ、きれいだと実感することはあまりありません。いつも清潔に保たれていて、それがごく自然なのです。自分の家も普段から掃除をしていなければ、きれいな空間を保つことはできません。空港も同じで、羽田空港が世界に誇るほどの清潔さをキープしているのは、決して当たり前ではなく、新津さんをはじめ約500名の清掃人の仕事ぶりの成果なのです。感謝して、空港を利用したいと思います。


posted by Amelia at 22:08| Comment(0) | 羽田空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

羽田空港ターミナル開館60周年

60年前の今日、1955年(昭和30年)5月20日に、羽田空港ターミナルが開館しました。これを記念し、同ターミナルの運営会社である日本空港ビルデングが、今日から羽田空港の第1および第2旅客ターミナルビルの出発ロビーにて、60年の歴史を記録した約500枚の写真を展示しています。また、インターネットでもバーチャル写真展を楽しめるようにと、記念WEBサイトが特設されました。

そのウェブページを見ていると、どこか面影のある風景が目に留まりました。「海老取川」は、私の通勤途中にある川。そのちょうど向こう岸にあった空港には、通行許可証がなければ立ち入れなかった時代もあったことを思うと、羽田の歴史の深さを感じます。第二次世界大戦後には日本国籍機の飛行が禁止され、1952年(昭和27年)7月までは、空港はハネダエアベースとしてアメリカ軍に管理されていました。昔もいまも、日本の航空の様子を見守ってきた羽田の町には興味が尽きません。

8C85D1BE-AE92-418B-85D8-0579726139CC.png
〔羽田空港ターミナルビル60周年特設サイトより〕

私が初めて初めて羽田空港に降り立ったのは、羽田空港ターミナルが開館してから約40年後の1994年(平成6年)、小学1年生の頃に家族旅行で徳島から東京を訪れた時のこと。当時はまだ第2旅客ターミナルはなく、第1旅客ターミナル(当時の西旅客ターミナル)ができたばかりでした。私の羽田空港の記憶はせいぜいこのあたりからのスタート。そしてその後も約15年間ぽっかり空き、2010年からのお付き合い──まだまだ浅い歴史です。

小学生の頃は、まさか20年後に羽田に住むことになるなんて思ってもみませんでした。人生はどうなるか分からないから本当に不思議です。羽田空港ターミナル開館100周年を迎える頃には、私も羽田の歴史の大半を知ることになります。これから新たに刻まれる羽田空港の歴史は、自分の目でしっかり見ていこうっと。どうなってるかな、その頃の私。


posted by Amelia at 23:51| Comment(0) | 羽田空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

空美ちゃんと飛行機

2月の海は激寒い──寒さに耐えながら、船の上で3時間を過ごしました。やってきたのは東京湾。羽田空港の周辺をグルグル回りながらの写真撮影会です。飛行機を見ると、とってもワクワクするはずなのに、寒さだけには耐えられない。私の飛行機熱は、まだまだということでしょうか。

そんな私とは違って、寒さに負けず、カメラをかまえてシャッターチャンスを逃がさない女性がいました──「空美(そらみ)ちゃん」です。「空美」という言葉が巷に出だしたのは2011年だったでしょうか。元々は3人の飛行機好きの女性が、名前に共通して「美」の文字が入っていたことから「空美」と呼ぶようになりました。それが、今では飛行機好きの女性を総称して「空美ちゃん」と呼んでいるのだとか。

32DFE9B9-F97A-47D3-A6E2-0CE2DB182B2A.jpg

今回船に乗り込んだのは総勢31名。そのうち、12名の空美ちゃんが参加していました。空美ちゃんと言っても、個性は色々──私は空美ちゃんに定義はないと思っています。飛行機を撮りに海外の空港まで1人旅したり(観光はなし)、手作りのお菓子に飛行機のデザインを入れたり、進入塔を見て興奮したり、オシャレな格好をして大砲のようなレンズをかまえていたり。

「飛行機をいかに色んなところに散りばめるか」──そんなことばっかり考えていると言っていた空美ちゃんもいました。空美ちゃんってそれぞれが自分の空美スタイルを確立させていて、誰一人として同じタイプがいないのかもしれません。色んな人に会えば会うほど空美ちゃんって奥深い──そう思います。それにしても、2月の海は本当に寒い。私は1時間でギブアップし、海風の当たらないところへ逃げ込みました。季節を問わず、飛行機を追いかけて国内外へと旅する空美ちゃんたちのたくましさに惚れそうです。
posted by Amelia at 23:19| Comment(0) | 羽田空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。