2016年05月12日

30歳になった日のこと

今日は訳あって、初めてタクシー出勤をしました。誕生日だから自分へのご褒美に、とかそういうのでは全くなく、ただ時間がなかったことが理由。朝6時すぎに起きて庭の植物たちに水をやり、おにぎりとグレープフルーツを頬張ってからシャワーを浴びて、ピカーンと晴れた空のもと、2回分の洗濯物を気分ルンルンと干していたら、いつの間にか家を出る時間を過ぎてしまっていたのです。そんな訳で、家の近くのバス通りでタクシーを拾いました。

20代から30代になり、本当の意味で大人の世界に仲間入りできた気がして嬉しかったのに、年をひとつとっただけで現実も自分も何にも変わらない──それどころか、20代の頃の”抜け”の多い私をそのまま引き継いでしまったことに気づいて朝から肩をおとしました。でも、今日はそんなことすらどうでもよくなるくらいの快晴。

2F154E3D-01F8-4B49-92A8-DC3DEFF435C3.jpg


1日を通して、セルリアンブルーの空が続きました。「快晴」というのは、雲の量が空全体の1割以下のことを言いますが、今日は雲ひとつない青空。過去の快晴の日のデータを平均すると、5月は1.9日、1年を通しても40日程度なのだとか。三十路を迎えた日にそんな空模様が見られて何かいいことありそう──とジンクスのようなことを頭に描いてしまう癖も相変わらず健在です。

さて、今日はたくさんの方々からメッセージやプレゼントをいただきました。ありがとうございます。この30年間、大きな病にかかることなく元気で楽しく生きていられるのは、両親や家族、周りの人たちのおかげだと感謝の念を抱いています。

「もうあれから30年かぁ、信じられないね」

今朝、電話ごしに聞いた両親の声に、私が徳島で産声をあげた30年前の今日はどんな天気で、どんな1日だったんだろう──そんなことを想像しました。将来いつか、今度は今日のこの日を思い出してフフっと笑えるように、30歳になった今日のいろいろをノートに書き留めました。慌ててタクシーに飛び乗ったことも、今晩出発するクアラルンプールへの旅の記録も添えて。


posted by Amelia at 17:48| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

恵方と方位除守

節分の昨日、恵方巻きを食べた方は多いのではないでしょうか。今年の恵方は南南東。私も縁起のよいこの方角に向かって太巻きにかぶりつきました。きっとこれで今年もいいご縁に恵まれるはず。節分はその名のとおり"季節の分かれ目"です。寒の内の最終日で、翌日の立春を過ぎると梅の花も次第に咲きはじめ、ようやく心躍る季節がやってきます。

一方で、今年の私は運勢のよくない方位があるようです。昭和61年生まれの五黄土星は「表鬼門(東北)」に回座し、東北やその向かいの西南は大凶方位。さらに変動の気運の年になるのだとか。特に安定志向でもないし、むしろ変化を楽しむタイプですが、悪い方角や運気の波に飲まれて災難にあっては困ります。

2032C550-B36B-4719-AEB2-988E458F9A53.jpg

1月に羽田神社へ参拝したときに、写真の「方位除守」を手に取り700円をお納めしました。旅することが多いので、東北や西南に向かうときは注意する必要がありそうです。でも、この除守があれば大丈夫。四方八方どの方角からも身を守り、悪事災難を回避できるように祈願されています。方位除守をまつる場所は人それぞれで、自動車内に、旅行バッグに、玄関に。私は旅に出るときにスーツケースに忍ばせようと思っています。

五黄土星の今年の運勢は「冒険は避け、足元を固めよ」。そういえば、お正月にひいたおみくじにも同じようなことが書いてあったのを思い出して引っ張りだしてくると、やっぱりあった──「努力しただけその実りは大きくなる。ここで目標や方法を急に変えると危険。姿勢を崩すことなく進め」と。ふむふむ。気運は変動するけれど、一貫して頑張れということだと理解しています。
posted by Amelia at 23:45| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

安全な空の旅を祈願して

今週末、羽田神社へお参りへ行ってきました。空港を含む羽田全域で祀られる氏神様の神社への参拝は今年で二回目。昨年1月に羽田に引っ越してきてご近所になり、お散歩がてら10分ほどの道を歩いて「今年も1年よろしくお願いします」の挨拶へ。

お賽銭をして、二礼二拍手をして両手を合わせ、祈念を込めてから深く一礼。昨年のブログを読み返してみると、当時はまぁ色々とお願いごとをしたようですが、こうやって手を合わせておじぎをするだけで心がすぅーっと軽くなるような気がします。

IMG_201601.jpg

境内を歩いていると、絵馬掛けが目に留まりました。ほかの人の願いごとを見るなんて罰当たりかなと思いつつも少しだけ──スカイマークの佐山会長に市江社長、ANAホールディングスの片野坂社長、ANAの篠辺社長、JAL東京空港支店他の絵馬が掛けられていました。そうです、この神社にはエアライン関係者が1年の安全運航を願って参拝に来られます。特に昨年に厳しい1年を乗り越えたスカイマークの役員の皆さんの祈願内容が、心にズシンと響きました。

絵馬を見ていると、あることに気がつきました。掛け紐は写真のとおり「赤」と「青(紫)」の2色。面白いことに、関係会社を含めてANA系の会社の方は青、JAL系の会社の方は赤を選択しているのです。「それならスカイマークは何色?」と気になってチェックすると、"赤"でした。「何か意味があるのかなぁ」と要らぬ想像を働かせてしまいましたが、きっと、会社の再生を願って縁起のよい「申赤」をチョイスしたのでしょう。

ちなみに、私は絵馬にこんなことを書きました。「今年もみなさんの空の旅が安全で楽しいものとなりますように」
posted by Amelia at 22:21| Comment(0) | オフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。