2014年10月25日

エミレーツ航空で行く、ドバイの旅を終えて

エミレーツ航空で行く、ドバイの旅が終わりました。今回は、私の普段のエコ旅とは違い、ビジネスクラス搭乗、7つ星ホテル宿泊、高級レストランでの食事など、本当にラグジュアリーな旅でした。30回に分けてBlogに書き綴ってきましたが、初めての体験に毎日ドキドキして、サービスやおもてなしはここまで進化するのかと驚きでいっぱいでした。なにか「特別さ」を感じる旅は、強く印象に残るものです。非日常な空間で新しいものを見聞きし、体験する──それが日常に活力を与える旅でした。

今回初めてドバイを訪れ、新しさと古さが共存する世界にすっかり魅了されました。またドバイを旅したいと思っています。でも、私はただのOL、いつもこんなに最高の旅ができるわけではありません。次回は私でも手の届く、エミレーツ航空のエコノミークラスで行こうと計画しています。まだまだ知らないドバイがたくさん残っているから──。

ドバイは、日々刻々と進化を遂げ、活気溢れる街です。数多くの「世界一」を誇り、「世界初」を生み出す斬新な発想には、迫力と強さを感じました。ドバイに住む人の8割は外国人です。そこには様々な文化や考えが存在し、その多様性や融合がドバイで大きな力を形成していました。でも、外国人の労働力で街を創り上げている事実が、私にとって考え難いことでもありました。スカイツリーを作ったのが外国人だったら、日本が誇るタワーになるでしょうか?  きっと違うでしょう。でもそれが通用するのがドバイ、コスモポリタン・シティです。

Emirates Dubai Blogger Tour 1115.JPG

もう一つのドバイは、一変して古い町並みを見せてくれました。アラブの伝統的な建築物や、海のシルクロードの中継地として栄えた水路を行き交うアブラ(渡し船)を見ると、華やかな世界から一気にタイムトリップしたかのよう。スーク(市場)で交渉する商人やガンドゥーラ(白い服)を着た男性が客引きをする光景、これがドバイの素顔なような気がしました。女性は肌を隠すために黒いマントをかぶり、お酒はNG、食事はハラール(イスラム法において合法なもの)に準拠したものだけ──当たり前かもしれませんが、イスラムの教えにとても忠実です。ドバイはUAE(アラブ首長国連邦)の中でも唯一観光客に寛容で、その教えを強いることはありませんが、次回はあえて現地に溶け込むように、真のドバイを楽しみながら旅をしたいと思いました。

ドバイを実際に訪れて、治安もよく、街も清潔、女性も安心して旅ができるところだと確信しています。心配するようなことは何もありませんでした。ただ、ここ数年で注目度が上がっているものの、実際に訪れる人はまだ多くないことも事実です。これからドバイがより多くの人の旅先として選ばれるように、このBlogでさらなる魅力を伝えていきたいと思っています。

最後に、今回お世話になったエミレーツ航空の皆さま、この度は本当に素敵な旅をありがとうございました。心より感謝申し上げます。エミレーツ航空とドバイのさらなる発展を楽しみにしています。


posted by Amelia at 22:28| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

ドバイ国際空港のラウンジ

ドバイ国際空港の免税品やお店が立ち並ぶエリアは、人で溢れています。ここはショッピングモールじゃないのかと目を疑うほどの混雑ぶりです。なかなか前に進めないし、あまり時間もなかったので、お土産やさんに寄ることを諦めました。

でも、知っていますか? この1つ上のフロアは、打って変わって静かで優雅な世界です。人はあまりいないし、堂々と真ん中を歩いても誰かにぶつかることはありません。昨年この空港を訪れた時は全く気がつかなった、ファーストクラスとビジネスクラスのラウンジです。

Emirates Dubai Blogger Tour 1205.JPG

特にターミナル3のA380専用のコンコースAが最高です。何と言ってもコンコースの広さがラウンジの広さですから。上の写真は、そのコンコースAのファーストクラスラウンジのある光景です。各テーブルには赤いバラが一輪飾られていて、素敵な雰囲気を醸し出しています。こんな座席が約800席。考えられますか?  ラウンジから搭乗ゲートへ直接アクセスできる造りになっているため、ラウンジはコンコースいっぱいに広がり、スペースを贅沢に使っています。そのほかの写真はFacebookページに載せたので、是非見てみてください。

本当に信じられません。端から端まで歩くと、30分はかかるそう。ダイニングスペースだけでなく、シャンプーなどにもこだわったシャワーブースや、快適に眠れてフライトを逃しそうな仮眠ルーム、豪華な喫煙ルームに、ラウンジ専用の免税店まで見つけました。ちょっと庶民とはかけ離れた世界でドキドキ。今回は特別に見学させてもらいましたが、実際に利用してみたいなァ。だから、A380が日本路線に戻ってきてほしい──いや、ドバイからA380でどこかへ旅に出るというのもいいかもしれませんね。
posted by Amelia at 23:07| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラクダ乗りのすすめ

砂漠と言えば、ラクダ。ドバイにも、ラクダがたくさんいました。ラクダレースという競技が国民に人気だそうで、そのレース会場をデザート・サファリへ行く途中に見つけました。

デザート・サファリツアーでは、ヘナタトゥーや水タバコだけでなく、なんとラクダ乗りを体験することもできます。好奇心旺盛な私は、もちろん参加。一度乗ってみたかったから嬉しかったァ。ラクダに乗ることは、そう難しいことではありませんでした。馬みたいに、足を引っ掛けて乗るのかなと想像していましたが、ラクダが足を曲げて座っているため、その背中にまたがるだけでした。立ち上がると迫力ある姿も、座っていると意外に小さく感じます。近くで見る顔も愛嬌があって可愛い。

Emirates Dubai Blogger Tour 357.JPG

でも、油断禁物、ラクダが起き上がる時は要注意です。ラクダ遣いのおじちゃんに、「しっかり前の手すりを掴んでいてね。身体の重心は後ろだよ。」とだけ言われました。すると、いきなりラクダがぐぅ〜んと立ちあがります。「ぎゃ〜。」思わず絶叫。身体が前後に揺さぶられ、ちゃんと手すりを持っていないと振り落とされそうでした。これ、落ちる人いないのかな。ラクダが起き上がる合図が特にないので、本当に注意が必要です。

でも、ラクダの上からの眺めは本当に最高です。2メートルは軽く超える高さから、砂漠の遠くまで見渡すことができます。ラクダもゆっくり歩いてくれたので、月明かりの下の砂漠の散歩を大いに楽しみました。ラクダ、可愛くて楽しかった〜。あ、忘れないでくださいね。ラクダが座り込む時も、要注意です。
posted by Amelia at 22:07| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。