2014年10月17日

日本語ペラペラのガイドさん

今回のツアーでは、ドバイの旅行会社「アラビアン・アドベンチャー」にお世話になりました。デザート・サファリ、市内観光ツアーなどを利用しましたが、定番をおさえた内容は、初めてのドバイ観光に最適です。同社はエミレーツ航空のグループ会社でもあり、特に定評のあるデザート・サファリのツアーは観光客だけでなく、現地で働く人たちも太鼓判を押すほどです。

私たちのガイドは、チャビさんというスリランカ出身のおじちゃんでした〔写真左側〕。空港で初めて会った瞬間から日本語炸裂。どう見ても外国人なのに、日本語が堪能で驚いたとともにホッとしました。日本語はなんとドバイの日本語学校で3ヶ月で習得したそう。ツアーガイドの経歴は29年でかなりの物知り、ベテランガイドさんです。

3C5EB83C-EAA0-498E-A3F0-0DAE206DBA60.jpg

そんなチャビさんが教えてくれたドバイは、人口850万人の8割が外国人で、そのうちの4割がインド人、2割がパキスタン人のインターナショナルな国。一方2割のアラビア人はとても恵まれていて、電気に水道に学校に病院に、何もかもが無償。最低給与は65万円、空港で働く職員は210万円と高給取りなのに、使うのは食費くらいだから彼らはいつも高級レストランで食事しているよと、羨ましそうに話していました。それから、ドバイは暑いからバス停の6割にクーラーがついているとか、パーム・ジュメイラという人工島の家は7ミリオンディルハム(2億円以上)でベッカムやマドンナが購入しているとか・・・そういう類の話が尽きず、飽きることはありませんでした。

ドバイは本当に外国人の多い国で、英語はばっちり通じます。でも、会話に自信のない方は日本語ガイドをつけてみてはどうですか?  アラビアン・アドベンチャーには、チャビさんの他にも6名くらい日本語ができるガイドがいるそうです。



posted by Amelia at 13:48| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラブ音楽とカプチーノを

ホテルのスイートへ戻る途中、どこからかアラブ音楽から聴こえてきました。アッパー・ロビーにある、『Sahn Eddar』というラウンジからです。Sahn Eddarは、アラビア語でReceptopn of the house(応接室)という意味。Facebookページに写真を載せましたが、そこから上に伸びるアトリウムは本当に綺麗。濃いブルーから黄色へのグラデーションと、波打つようなカーブ、それから黄金の柱が魅せるアーティスティックな空間にうっとりしました。

ここでは、毎日生演奏を催しています。私が訪れたお昼頃にはアラブ音楽が、夜にはクラシック・カルテットが、私のスイートがある4階フロアまで聴こえてきていました。

A7DAE9C6-C61E-46B9-BC0D-417E72DEC030.jpg

ここで私が頼んだのはカプチーノ。ブルジュ・アル・アラブのモチーフのアートのてっぺんには金粉が乗っかっていました。ここでも使うか、金(笑)。さらにデーツやアラブのお菓子がそっと置かれ、アラブの音楽を聴きながら、リラックスした優雅な時間を過ごしました。

ここのアフタヌーンティーは、ドバイの情報誌「Time Out」のベスト・アフタヌーンティーにも選ばれたことがあるほど大人気です。このブルジュ・アル・アラブを一目見たいからと、予約する人も少なくありません。でも私は今回はやめておこう──あれ、私ブルジュ・アル・アラブでアフタヌーンティーをするのが夢だったはずなのに、そこに宿泊してしまうと、もうよくなってしまったのかなァ。はぁ、人間って嫌だ。
posted by Amelia at 12:27| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プールサイドの優雅な朝食

ブルジュ・アル・アラブ滞在中の朝食は、海が見えるプールサイドのテラスにて。『BAB AL YAM』というレストランは、小ぢんまりとしているけれど、水色を基調にした爽やかな空間と、温かなサービスがとても印象的でした。

レストランに入ると、ウェイターがささっと寄ってきました。席を案内され、まずはコーヒーと、食事にはエッグベネディクトを頼みます。卵料理は注文してから作られるため、出来あがるのを待っている間に、店内を少し歩いて回りました。

90724092-51BC-4FD8-AEE6-84A3E8B71970.jpg

席に戻ると、テーブルの上にファッション雑誌が置かれています。「あれ、私、座席間違えていないよね?」椅子を引いてくれるウェイターさんに聞くと、「間違っていないですよ、マダムが好きそうだと思う雑誌をチョイスしました。エッグはもう少々お待ちください。」と。

わ〜。そこまで考えているの?  なんか頭の中がむずがゆくなってきました。ゲスト一人一人に合った扱いに、本当に私はプリンセスになったんじゃないかと勘違いしてしまいます。こんな優雅な朝食は久しぶりだなァ。目の前に広がる海は、コバルトブルー。とっても綺麗でした。

posted by Amelia at 12:23| Comment(0) | エミレーツ航空で行くドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。