2017年07月08日

わたしの「見和ぐ」風景

ずいぶんと長い間、Blogをお休みしていました。容量オーバーの時期が続いたので、その休養も兼ねて、本業を頑張る以外は家庭のことをしたり、植物を育ててみたり(おかげでパクチーやミニトマト、パプリカを収穫)、料理や運動など健康にフォーカスしてみたり。整体に行って体を元ある状態に戻す努力もして、ようやく、呼吸の浅い状態からふぅーっと深く息が吸える状態になったように思います。

お願いされると、自分のキャパシティを考えずに頑張ってしまう性格で、なかなか体の危険信号に気づけなかったりします。いつも自分のレベルの少し上を目指すことは成長につながると思って何事にも取り組みますが、度が過ぎるとよくないことを痛感。会社の仕事以外には予定を入れないでいると、心穏やかな日々が体に栄養を行き届かせてくれて、元気を取り戻しました。余裕があることって本当に大事ですね。

6E2E7DAC-149E-48F6-ACCC-2CF34681EF32.jpg

さて、Blogを休んでいた間にも、毎月どこかに旅をしていました。今日も羽田空港から実家の徳島へ。第1旅客ターミナル2階出発ロビーのカウチに座り、辺りを眺めていると、「見和ぐ(みなぐ)」ということばに出会いました。『旅する日本語展』で、小山薫堂さんが選んだ日本語のひとつ。このことばをテーマに書かれた旅にまつわる短い物語に、片岡鶴太郎さんによる絵画が添えられた共同作品が、横長のターミナルにずらりと並びます。

「見和ぐ」とは、見て心が和やかになるという意味なのだそうです。わたしのふるさと、徳島には、まさに見和ぐ風景がたくさんあります。家の近くから望む吉野川、吉野川橋、眉山、建物に隠れることのない広い空━━。徳島を離れる前は立ち止まって見ることなんてなかったけれど、心にじんわり響く風景です。おいしい空気をたくさん吸って、また心機一転、頑張りたいと思います。


posted by Amelia at 06:14| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。